お知らせ

『太陽の下で-真実の北朝鮮-』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

私たちが見ていた北朝鮮。それは「演出」された姿だったー

8歳のジンミは模範労働者の両親とともに平壌で暮らしている。
エリートの娘を持った両親は仕事仲間から祝福を浴び、まさに”理想の家族”の姿がそこにはあった。
ところがドキュメンタリーとは名ばかりで、
”北朝鮮側の監督”のOKが出るまで一家は繰り返し演技をさせられ、
高級な住まい、親の職業、クラスメイトとの会話、
すべては北朝鮮が理想の家族のイメージを作り上げるために仕組んだシナリオだった。
疑問を感じたスタッフは、録画スイッチを入れたままの撮影カメラを放置し、隠し撮りを敢行するが…。

ビタリ―・マンスキー監督は、誰もが知りたい疑問を、誰もが見えるかたちで描きたいと考えていた。
北朝鮮政府から撮影許可を得るまで二年間、平壌の一般家庭の密着撮影に一年間。
撮影したフィルムはすぐさま検閲を受けることを強いられたが、検閲を受ける前にフィルムを外部に持ち出して本作を完成させた。
北朝鮮からの要請でロシア政府は、マンスキー監督への非難声明を本作の上映禁止を発表した。
そんな中、世界各国で上映された問題作がついに日本で公開される。

北朝鮮の真実の姿を、是非この機会にご覧ください。

『太陽の下でー真実の北朝鮮ー』
2017年1月21日(土)より全国順次公開
監督・脚本:ビタリ―・マンスキー
撮影:アレクサンドラ・イヴァノヴァ
2015年/チェコ=ロシア=ドイツ=ラトビア=北朝鮮合作
106分/カラー/原題:V paprscich slunce/字幕翻訳:崔樹連
配給:ハーク

公式サイト→http://taiyouno-shitade.com/

関連記事