お知らせ

『みかんの丘』『とうもろこしの島』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

717m0Jh5oRL._AC_UL115_71c2qwJChFL._AC_UL115_

コーサカスの国、グルジア(ジョージア)で起きた
紛争を背景に戦火に拡がる今日、
人間として在るべき姿を示した傑作。
人間と戦争の真実を描いた感動の2作品!

新世代を代表する作品「みかんの丘」「とうもろこしの島」は、自国で起きたアブハジア紛争を、
それぞれ異なる視点で描き、戦争の不条理さとともに、戦火におかれても人間として生きようとする人々の姿を描いた感動作です。
異なる監督、キャストが手掛けたそれぞれ独立した作品ですが
さまざまな文化、宗教の衝突を描くことで
世界が危機的な状況の中でも人間らしさを保つことの大切さや、
大自然のめぐりと人間の営みを対比させ、戦争の意味を問う寓話的な傑作として世界的にも高い評価を受けました。
是非この機会にこの2作品をご覧頂きたいと思い、岩波ホールにて同時上映が決定いたしました!

『みかんの丘』

<STORY>
ジョージア(グルジア)のアブハジア自治共和国でみかん栽培をするエストニア人の集落。
ジョージアとアブハジア間に紛争が勃発し、多くの人は帰国したがイヴォとマルゴスは残っている。
マルゴスはみかんの収穫が気になるからだ。
みかんの木箱作りのイヴォは理由を語らない。
ある日、彼らは戦闘で傷ついた二人の兵士を自宅で介抱することになる。
ひとりはアブハジアを支援するチェチェン兵アハメド、
もうひとりはジョージア兵ニカで敵同士だった。
彼らは互いに同じ家に敵兵がいることを知り、殺意に燃えるが、
イヴォが家の中では戦わせないというと、家主が力を持つコーサカスのしきたりに則り、兵士たちは約束する。
数日後、アブハジアの小隊がやってきて…。

<INFORMATION>
監督・脚本:ザザ・ウルシャゼ/撮影監督:レイン・コトヴ/音楽:ニアズ・ディアサミゼ
出演:レムビット・ウルフサク、エルモ・ニュガネン、ギオルギ・ナカシゼ、ミヘイル・メスヒ
2013年/エストニア・ジョージア合作/ロシア語・エストニア語/カラー/87分
2013年ワルシャワ国際映画祭最優秀監督賞・観客賞
2015年アカデミー賞外国語映画賞エストニア代表 ほか

『トウモロコシの島』

<STORY>
ジョージア(グルジア)と、ジョージアからの独立を主張するアブハジアは、
1992年以降激しい戦争状態にあった。
両者の間にはエングリ川が悠々と流れている。
この川は春の雪解けとともにコーサカス山脈から肥沃な土を運び、中洲をつくる。
両岸で兵士がにらみ合い、銃弾が飛び交う中、
アブハジア人の老人と孫娘は、昔からの風習のとおり、今年も中洲の小島に小舟で渡り、
小屋を建てて、土を耕し、とうもろこしの種をまき、苗を育てる。
戦闘は悪化し、ある日、傷を負った若いジョージア兵がこの島に逃げ込んでくる…。

<INFORMATION>
監督・脚本:ギオルギ・オヴァシュヴィリ/脚本:ヌグザル・シャタイゼ、ルロフ・ジャン・ミンボー
出演:イリアス・サルマン、マリアム・ブトゥリシュヴィリ、イラクリ・サムシア
2014年/ジョージア・ドイツ・フランス・チェコ・カザフスタン・ハンガリー合作/アブハズ語・ジョージア語・ロシア語/カラー/100分
2014年カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭最優秀作品賞
2015年アカデミー賞外国語映画賞グルジア(ジョージア)代表 ほか

DVD好評発売中!
公式HP⇒http://mikan-toumorokoshi.info/
岩波ホール公式HP⇒http://www.iwanami-hall.com/contents/top.html
DVD各¥3,800+税
配給:ハーク
発売元:ハーク
販売元:ポニー・キャニオン

関連記事