お知らせ

『トゥー・ラビッツ』

  • 2017.6.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

jacket_photo-w184

ラスト一瞬まで予測不能!
”ブラジル版タランティーノ”が仕掛ける怒涛の衝撃!

錯綜する時間枠、緻密に練られたストーリー、ポップ&スタイリッシュな映像に過激なアクション、
次々と登場する濃いキャラクターの面々。
その怒涛の展開と斬新な手法が”ブラジル版タランティーノ”の呼び声も高い若き才能、
アルフォンソ・ポイアルチ監督のデビュー作が遂に日本公開!
監督第1作目にしてブラジルのアカデミー賞こと”ブラジル映画大賞”にて3冠
<最優秀編集賞><最優秀視覚効果賞><最優秀オリジナル・サントラ賞>に輝き、
ハリウッドが早々にリメイク権を取得した、大注目クライムアクションです!
そして、監督第2作目となるアンソニー・ホプキンス、コリン・ファレルなど超豪華キャスト出演
「Solace(原題)」で早くもハリウッドデビューを果たすことになったポイアルチ監督。
突如として世界の映画界に登場したブラジルの恐るべき才能を目撃せよ!

<STORY>
ブラジル・サンパウロでポルノ干渉をテレビゲームに明け暮れるエヂガール。
腐敗した社会へ嫌気がさした彼は、極悪非道のギャング・マイコンの金を奪うと同時に
汚職政治家をこらしめる”二兎<トゥー・ラビッツ>”を一撃で仕留める計画を密かに企んでいた。
一方、検察局で働く検事のジュリアは捜査情報を提供したとして、マイコンとの関係が疑われ
職場に内務調査が入ることに。
そんな中、マイコンに殺しの容疑がかけられる。
最後の稼ぎ時とばかりに「金を積めばなんとかなる」とジュリアはマイコンに話を持ち掛ける…。
エヂガール、マイコン、ジュリアン、汚職政治家、それぞれの欲望が交錯し、
関係性が複雑に絡み合うなか、エヂガールは計画を実行に移す。
果たしてエヂガールの真の目的とは!?

『トゥー・ラビッツ』DVD
監督・脚本:アルフォンソ・ポイアルチ
出演:フェルナンド・アルヴィス・ピント、アレサンドラ・ネグリーニ、タイーヂ ほか
2011年/ブラジル/ポルトガル語/102分/カラー/¥3,800+税
2017年7月5日発売
配給:ハーク/ミッドシップ
発売元:ハーク/ミッドシップ
販売元:TCエンタテインメント

関連記事