『みかんの丘』『とうもろこしの島』
OFFICIAL SITE

『みかんの丘』『とうもろこしの島』

コ―サカスの国グルジア(ジョージア)で秋田紛争を背景に戦火が広がる今日、人間として在るべき姿を示した傑作。

「みかんの丘」(2013)と「とうもろこしの島」(2014)は、いずれもコーカサス山脈の南にある歴史ある国ジョージア(グルジア)の近年を代表する傑作である。 ジョージア映画の伝統は、世界の映画史とともにあり、ソ連邦の一共和国だった時代(~1991)には、ギオルギ・シェンゲラヤ監督(「放浪の画家ピロスマニ」)、フランスで活動を続けるオタール・イオセリアーニ監督(「田園詩」)、テンギズ・アブラゼ監督(「懺悔」)等、多くの優れた映画人が、独特の文化、風土を背景にして数々の個性的な名作を発表し、国際的に高い評価を得てきた。

しかし、1991年にソ連邦が崩壊し、その一共和国だったジョージアは独立、国内で民族主義が高まるなかで、西部のアブハジア自治共和国が反発し、1992年に、両者の間で激しい戦闘が起こった。アブハジア紛争といわれるこの戦争は、同時代に起こった内戦とともに、ジョージアの社会全般に壊滅的な打撃を及ぼし、多くの難民が生まれて、国は荒廃、経済も文化も低迷し、輝かしい映画の伝統は途絶えた。この2作品は、近年、奇跡的によみがえったジョージア映画の新しい世代を象徴し、アブハジア紛争をそれぞれ異なる視点で描いて、いずれの作品も世界の映画祭で数多くの受賞に輝いた。

STORY

『みかんの丘』
ジョージア(グルジア)のアブハジア自治共和国でみかん栽培をするエストニア人の集落。ジョージアとアブハジア間に紛争が勃発し、多くの人は帰国したが、イヴォとマルゴスは残っている。マルゴスはみかんの収穫が気になるからだが、みかんの木箱作りのイヴォは理由を語らない。ある日、彼らは戦闘で傷ついた二人の兵士を自宅で介抱することになる。ひとりはアブハジアを支援するチェチェン兵アハメド、もうひとりはジョージア兵ニカで敵同士だった。彼らは互いに同じ家に敵兵がいることを知り、殺意に燃えるが、イヴォが家の中では戦わせないというと、家主が力を持つコーカサスのしきたりに則り、兵士たちは約束する。数日後、アブハジアの小隊がやってきて‥・。


『とうもろこしの島』
ジョージア(グルジア)と、ジョージアからの独立を主張するアブハジアは、1992年以降、激しい戦争状態にあった。両者の間にはエングリ川が悠々と流れている。この川は春の雪解けとともにコーカサス山脈から肥沃な土を運び、中洲をつくる。両岸で兵士がにらみ合い、銃弾が飛び交う中、アブハジア人の老人と孫娘は、昔からの風習のとおり、今年も中洲の小島に小舟で渡り、小屋を建てて、土を耕し、とうもろこしの種をまき、苗を育てる。戦闘は悪化し、ある日、傷を負った若いジョージア兵がこの島へ逃げこんでくる…。

『みかんの丘』『とうもろこしの島』

『みかんの丘』
CAST
イヴォ:レムビット・ウルフサク
マルゴス:エルモ・ニュガネン
アハメド・ギオルギ・ナカシゼ
ニカ:ミヘイル・メスヒ

STAFF
監督:ザザ・ウルシャゼ

2013年/エストニア・ジョージア合作/エストニア語・ロシア語/87分/カラー/字幕監修:児島宏子/字幕翻訳:宇野範子/後援:在京エストニア共和国大使館、在日ジョージア大使館
配給:ハーク


『とうもろこしの島』
CAST
老人:イリアス・サルマン
少女:マリアム・ブトゥリシュヴィリ
ジョージア兵:イラクリ・サムシア

STAFF
監督:ギオルギ・オヴァシュヴィリ

2014年/ジョージア・ドイツ・フランス・チェコ・カザフスタン・ハンガリー合作/アブハズ語・ジョージア語・ロシア語/100分/カラー/字幕翻訳:長友紀裕/後援:在日ジョージア大使館
配給:ハーク