コレクター—暴かれたナチスの真実―
公開中

コレクター—暴かれたナチスの真実―

ヨーロッパを震撼させた衝撃の真実を映画化

70年代にオランダ、そして世界で大きな話題となった"The Menten Case"は、戦後30年以上にわたり歴史の闇の中に隠蔽されてきた億万長者の恐るべき過去を、実在のジャーナリスト、ハンス・クノープがペンを武器に暴き、裁判へと追い詰めた衝撃の事件である。この実話を生々しいほどリアルに描いたスリリングなクライム・ドラマが観る者の眼前に迫る。戦後数々の告発をすり抜けてきたメンテンとは一体何者なのか?第二次世界大戦前夜、良き夫、良き叔父であり、村人たちに愛され、彼らとの触れあいを楽しむメンテンの姿が映し出されると、思わずこんな疑問が浮かぶ。この男が本当に、かつての隣人であったユダヤ人、ポーランド人を無慈悲に殺害した男と同一人物なのか—不屈のジャーナリストが世紀の戦犯を追い詰めていくその執念を驚愕の事実が今、スクリーンで明かされる!

STORY

1976年、アムステルダムの記者ハンス・クノープのもとに、彼の人生を大きく変える一本のタレコミ電話が入る。電話の主が告げた驚きの内容は、億万長者のアート・コレクター、ピーター・メンテンは第二次世界大戦中ナチに肩入れをしており多くのユダヤ人を虐殺した、というものだった。はじめは半信半疑のハンスだったが、当時の証人たちを探し出して取材を進めるにつれ確信を抱き、次第にメンテンを追い詰めていく。戦後約30年、巨大な富と名声を手に入れ、「自分は多くのユダヤ人たちを救った」と語るメンテン。温厚そうなこの白髪の男がはたして、残忍な大虐殺を行ったその人物なのかー。

コレクター—暴かれたナチスの真実―

CAST
ガイ・クレメンス
アウス・グライダヌス

STAFF
監督:ティム・オリウーク

2016年/オランダ/オランダ語、ドイツ語ほか/130分(予定)/字幕翻訳:吉川美奈子
配給:ハーク
2017年10月28日(土)シネマート新宿・心斎橋で開催<のむコレ>にて上映