Loading...
 地球規模の核汚染によって壊滅した世界に、唯一死の灰を免れた奇跡の谷があった。緑豊かなその谷で、地球上に残された1人の女が、かつて家族と暮らした農場で、揺るぎない信仰心に支えられ長すぎる孤独の中で生きていた。ある日、安全な場所を求めて放浪していた科学者ジョンに遭遇する。人種も考え方も異なる2人だったが、互いに支え合いながら生活していくうちに、慎み深くも濃密な“2人だけの関係”が芽生えていた。しかし、もう1人の生存者である美しい若者ケイレブが現れたことで、彼らの生活は一変する・・・。 「人間はどんなときでも理性を保っていられるのか…?」 宗教、人種、複雑な男女の三角関係――極限状態に陥った人間の心理を鋭く描写する衝撃の問題作!
 地球最後の女を演じるのは、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』で本年度アカデミー賞®主演女優賞にノミネートされたばかりの注目の女優マーゴット・ロビー。2人の男には、『それでも夜は明ける』でアカデミー賞®やゴールデン・グローブ賞にノミネートされた実力派俳優キウェテル・イジョフォーと、『スタートレック』シリーズや『ワンダーウーマン』など話題作に出演する期待の俳優クリス・パイン。交錯する男女の欲望と孤独、複雑に揺れ動く感情を見事に表現し、地球上に取り残されたリアルな“第2のアダムとイヴ”を全力で演じている。
 原作は、1976年にエドガー・アラン・ポー賞を受賞したアメリカの児童文学者ロバート・C・オブライエンの「死の影の谷間(原題:Z for Zachariah)」。登場人物が2人だけだったミステリーの傑作を、イギリス人脚本家ニサール・モディが大胆に脚色。監督は『コンプライアンス 服従の心理』で追いつめられる人間の見事な心理描写が絶賛された気鋭のクレイグ・ゾベル。製作には、新進映画作家の後押しに精力的なことで知られる「スパイダーマン」シリーズの俳優トビー・マグワイアが参加している。原作のもつ緑豊かな風景はそのままに、突然現れた3人目の男の登場によって更に複雑に揺れ動く男女間の微妙な心の綾が見事に映像に収められている。
戦争か、事故か。死の灰に覆われ壊滅した世界に唯一、核汚染を免れた奇跡の谷(第2のエデン)があった。緑豊かなその谷には、アン・バーデン(マーゴット・ロビー)という女がたった1人、かつて家族と暮らしていた農場で強い信仰心に支えられ生きていた。相棒は、物言わぬ愛犬ファロだけ。長すぎる孤独。ひょっとして自分だけが唯一の生存者なのではないかと恐怖に震えていたある日、その男はやってきた。ジョン・ルーミス(キウェテル・イジョフォー)、安全な避難場所を求めて放浪していた科学者だ。人種も考え方も異なる2人だったが、共に生活をしていくうちに慎み深くも濃密な“2人だけの関係”が芽生え、その先に、明るい未来の兆しが見えた……が、もう1人の生存者である謎めいた美しい男ケイレブ(クリス・パイン)が現れ、彼らの生活は一変する・・・。
  • 「アンはちょっと騙されやすい人間に見えるかもしれないけれど、本当は強い女よ。彼女には揺るぎない信仰心がある。肉体的にも屈強で、男性がするような仕事もこなすでしょ」
     世間知らずなまま独りぼっちになってしまったアン。生きるために、実直に農家の日課を守る一方で、恋へのあこがれも抱く年頃の娘でもある。そんな彼女は純粋で真っ直ぐでとても危ういが、ジョンの徹底的な実用主義に対して静かな抵抗を示すシーンもある。「ケイレブに自分に似た何かを感じたからか、すぐに惹かれて一気にエスカレートする。でもそれがいいことだとは限らないけれど…」ロビーは揺れ動くアンを丁寧に演じた。

    アメリカの田舎娘を演じたロビー本人は、1990年オーストラリアのゴールドコースト生まれで、今回アンを演じる上では、故郷で猟銃の扱いやトラクターの運転などを経験していたことが有利だったという。17歳でメルボルンに出て演技の道に進み、現在はロンドンが拠点。母国のインディペンデント映画やテレビ出演を経て、人気TVシリーズ「PAN AM/パンナム」(11~12) でアメリカ・デビュー、クリスティーナ・リッチと共演した。その後、リチャード・カーティス監督の『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』(13)に出演。次いでマーティン・スコセッシ監督『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(13)に大抜擢され、レオナルド・ディカプリオの妻を演じてからの勢いは止まるところを知らない。『フランス組曲』(14、ソウル・ディブ監督)でミシェル・ウィリアムズ、クリスティン・スコット・トーマスと共演、『フォーカス』(15、グレン・フィカーラ&ジョン・レクア監督)でウィル・スミスと共演、『ターザン:REBORN』(16、デヴィッド・イェーツ監督)ではジェーン役に。最新作『アイ,トーニャ史上最大のスキャンダル』(17、クレイグ・ギレスピー監督)では製作にも乗り出し、アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞など数々の女優賞にノミネートされた。
  • 「これは単なる人間関係のドラマじゃない。俳優としては、強靭な身体的世界が求められる。この作品に必要なのは、農場労働の本質、つまり、世界の再構築の本質なんだ」
     死の灰を生き延びた科学者ジョン・ルーミスは、やっと見つけた最後の楽園で、最大の敵に直面することになる―自分自身に。彼が本当はどんな人間なのか、観客もどんどんわからなくなってゆく。『コンプライアンス服従の心理』(12)での緻密なディテールや、深みのある人物造形が物語るゾベル監督の力量に惚れ込んだイジョフォーは、誰よりも深い脚本の読み込みで、難しいルーミスを演じきった。

    映画ファンにはおなじみのイジョフォーは、1974年ロンドン生まれの舞台出身俳優。ハリウッドに見出されたとき、彼はまだロンドン・アカデミー音楽演劇学院の学生だった。スティーヴン・スピルバーグ監督の歴史ドラマ『アミスタッド』(97)にキャスティングされたのを皮切りに、スティーヴン・フリアーズ監督の『堕天使のパスポート』(02)、リチャード・カーティス監督の『ラブ・アクチュアリー』(03)、ウディ・アレン監督の『メリンダとメリンダ』(04)、ジュリアン・ジャロルド監督の『キンキーブーツ』(05)、スパイク・リー監督の『インサイド・マン』(06)、アルフォンソ・キュアロン監督の『トゥモロー・ワールド』(06)、リドリー・スコット監督の『アメリカン・ギャングスタ―』(07)のほか、アカデミー外国語映画賞受賞のスペイン・アルゼンチン映画『瞳の奥の秘密』(09)のリメイク『シークレット・アイズ』(15、ビリー・レイ監督)など次々に出演。12年には『それでも夜は明ける』で奴隷制度廃止運動家ソロモン・ノーサップを演じ、アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされ、英国アカデミー賞の主演男優賞を受賞した。最近作に、『オデッセイ』(15、リドリー・スコット監督)、『ドクター・ストレンジ』(16、スコット・デリクソン監督)など。また、俳優としてのキャリアに加え、2本の短編映画を監督している。
  • 「人によっていろんな感じ方があるだろうけど、僕はケイレブの肩を持つ。本気で恋をし、アダムとイヴのように結ばれる運命だと信じている。」
     この物語を完成させるのが、謎めいた若者ケイレブだ。アンとジョンの共同生活が調和のリズムを奏ではじめたまさにその時、いきなり割り込んできた美しい男。彼はもうひとりのアダムなのか、それとも悪の化身なのか……。演じるパインは、J・J・エイブラムス監督の『スター・トレック』新シリーズを経てすでにスターになっていたが、代理人の勧めで出会った映画『コンプライアンス服従の心理』を気に入り、新作を準備中のゾベル監督に面会。「監督は、役も大きくないから、と控えめだったけど、僕が熱望した。キウェテルのライバルも演じてみたくてね」と話す。

    1980年、LA生まれ。母は女優のグウィン・ギルフォード、父は俳優のロバート・パイン、祖母のアン・グウィンは、30~40年代に活躍した映画女優という映画一家出身。カリフォルニア州立大学バークレー校を卒業後、03年に人気TVシリーズ「ER」でデビュー。瞬く間にアメリカのホットなスターの仲間入りを果たし、『スター・トレック』を含む出演作品リストは広範囲に及ぶ。『プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング』(04、ゲイリー・マーシャル監督)、『アンストッパブル』(10、トニー・スコット監督)、『Black&White/ブラック & ホワイト』(12、マックG監督)、『エージェント:ライアン』(14、ケネス・ブラナー監督)、『イントゥ・ザ・ウッズ』(14、ロブ・マーシャル監督)、『ワンダーウーマン』(17、パティ・ジェンキンス監督)などに出演。
「アンはちょっと騙されやすい人間に見えるかもしれないけれど、本当は強い女よ。彼女には揺るぎない信仰心がある。肉体的にも屈強で、男性がするような仕事もこなすでしょ」
 世間知らずなまま独りぼっちになってしまったアン。生きるために、実直に農家の日課を守る一方で、恋へのあこがれも抱く年頃の娘でもある。そんな彼女は純粋で真っ直ぐでとても危ういが、ジョンの徹底的な実用主義に対して静かな抵抗を示すシーンもある。「ケイレブに自分に似た何かを感じたからか、すぐに惹かれて一気にエスカレートする。でもそれがいいことだとは限らないけれど…」ロビーは揺れ動くアンを丁寧に演じた。

アメリカの田舎娘を演じたロビー本人は、1990年オーストラリアのゴールドコースト生まれで、今回アンを演じる上では、故郷で猟銃の扱いやトラクターの運転などを経験していたことが有利だったという。17歳でメルボルンに出て演技の道に進み、現在はロンドンが拠点。母国のインディペンデント映画やテレビ出演を経て、人気TVシリーズ「PAN AM/パンナム」(11~12) でアメリカ・デビュー、クリスティーナ・リッチと共演した。その後、リチャード・カーティス監督の『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』(13)に出演。次いでマーティン・スコセッシ監督『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(13)に大抜擢され、レオナルド・ディカプリオの妻を演じてからの勢いは止まるところを知らない。『フランス組曲』(14、ソウル・ディブ監督)でミシェル・ウィリアムズ、クリスティン・スコット・トーマスと共演、『フォーカス』(15、グレン・フィカーラ&ジョン・レクア監督)でウィル・スミスと共演、『ターザン:REBORN』(16、デヴィッド・イェーツ監督)ではジェーン役に。最新作『アイ,トーニャ史上最大のスキャンダル』(17、クレイグ・ギレスピー監督)では製作にも乗り出し、アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞など数々の女優賞にノミネートされた。
「これは単なる人間関係のドラマじゃない。俳優としては、強靭な身体的世界が求められる。この作品に必要なのは、農場労働の本質、つまり、世界の再構築の本質なんだ」
 死の灰を生き延びた科学者ジョン・ルーミスは、やっと見つけた最後の楽園で、最大の敵に直面することになる―自分自身に。彼が本当はどんな人間なのか、観客もどんどんわからなくなってゆく。『コンプライアンス服従の心理』(12)での緻密なディテールや、深みのある人物造形が物語るゾベル監督の力量に惚れ込んだイジョフォーは、誰よりも深い脚本の読み込みで、難しいルーミスを演じきった。

映画ファンにはおなじみのイジョフォーは、1974年ロンドン生まれの舞台出身俳優。ハリウッドに見出されたとき、彼はまだロンドン・アカデミー音楽演劇学院の学生だった。スティーヴン・スピルバーグ監督の歴史ドラマ『アミスタッド』(97)にキャスティングされたのを皮切りに、スティーヴン・フリアーズ監督の『堕天使のパスポート』(02)、リチャード・カーティス監督の『ラブ・アクチュアリー』(03)、ウディ・アレン監督の『メリンダとメリンダ』(04)、ジュリアン・ジャロルド監督の『キンキーブーツ』(05)、スパイク・リー監督の『インサイド・マン』(06)、アルフォンソ・キュアロン監督の『トゥモロー・ワールド』(06)、リドリー・スコット監督の『アメリカン・ギャングスタ―』(07)のほか、アカデミー外国語映画賞受賞のスペイン・アルゼンチン映画『瞳の奥の秘密』(09)のリメイク『シークレット・アイズ』(15、ビリー・レイ監督)など次々に出演。12年には『それでも夜は明ける』で奴隷制度廃止運動家ソロモン・ノーサップを演じ、アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされ、英国アカデミー賞の主演男優賞を受賞した。最近作に、『オデッセイ』(15、リドリー・スコット監督)、『ドクター・ストレンジ』(16、スコット・デリクソン監督)など。また、俳優としてのキャリアに加え、2本の短編映画を監督している。
「人によっていろんな感じ方があるだろうけど、僕はケイレブの肩を持つ。本気で恋をし、アダムとイヴのように結ばれる運命だと信じている。」
 この物語を完成させるのが、謎めいた若者ケイレブだ。アンとジョンの共同生活が調和のリズムを奏ではじめたまさにその時、いきなり割り込んできた美しい男。彼はもうひとりのアダムなのか、それとも悪の化身なのか……。演じるパインは、J・J・エイブラムス監督の『スター・トレック』新シリーズを経てすでにスターになっていたが、代理人の勧めで出会った映画『コンプライアンス服従の心理』を気に入り、新作を準備中のゾベル監督に面会。「監督は、役も大きくないから、と控えめだったけど、僕が熱望した。キウェテルのライバルも演じてみたくてね」と話す。

1980年、LA生まれ。母は女優のグウィン・ギルフォード、父は俳優のロバート・パイン、祖母のアン・グウィンは、30~40年代に活躍した映画女優という映画一家出身。カリフォルニア州立大学バークレー校を卒業後、03年に人気TVシリーズ「ER」でデビュー。瞬く間にアメリカのホットなスターの仲間入りを果たし、『スター・トレック』を含む出演作品リストは広範囲に及ぶ。『プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング』(04、ゲイリー・マーシャル監督)、『アンストッパブル』(10、トニー・スコット監督)、『Black&White/ブラック & ホワイト』(12、マックG監督)、『エージェント:ライアン』(14、ケネス・ブラナー監督)、『イントゥ・ザ・ウッズ』(14、ロブ・マーシャル監督)、『ワンダーウーマン』(17、パティ・ジェンキンス監督)などに出演。
 1975年ニューヨーク州生まれ、ジョージア州アトランタ育ち。ノースカロライナ大学芸術学部を卒業後、07年にオリジナル脚本のコメディ「Great World of Sound」で長編デビュー。サンダンス映画祭でプレミア上映され、08年ゴッサム・インディペンデント映画賞のブレイクスルー監督賞を受賞。その年のナショナル・ボード・オブ・レビュー「今年のインディペンデント映画トップ10」に選ばれ、インディペンデント・スピリッツ賞の最優秀長編第一作賞、最優秀助演男優賞でノミネートを受けた。2作目のスリラー『コンプライアンス服従の心理』は12年のサンダンス映画祭でお披露目され、ロカルノ国際映画祭で審査員特別賞を受賞。女店長を演じたアン・ダウトがナショナル・ボード・オブ・レビューで最優秀助演賞を受賞、インディペンデント・スピリッツ賞やクリティックス・チョイス賞にもノミネートされた。  学友のデヴィッド・ゴードン・グリーンとは互いの監督作の製作も手掛けており、ゾベルが製作を担当したグリーン監督作「セルフィッシュ・サマー」は13年のサンダンス映画祭で上映され、同年ベルリン国際映画祭で銀熊監督賞を受賞。テキサスで開催されるインディペンデント映画の祭典、SXSW映画祭に招かれ、舞台となったテキサスに凱旋した。
 1975年サンタモニカ生まれ。俳優として、ブロックバスター大作から個性豊かなインディペンデントまでこなし、批評家からも観客からも愛されてきたマグワイヤは、新進気鋭の映画プロダクション、マテリアル社でプロデューサーとしても活躍している。 TV出演ののち、デニーロと共演した『ボーイズ・ライフ』(93、マイケル・ケイトン=ジョーンズ監督で)で映画デビュー、アン・リー監督『アイス・ストーム』(97) 『楽園をください』(99)、ウディ・アレン監督『地球は女で回ってる』(97)、ゲイリー・ロス監督『カラー・オブ・ハート』(98)、テリー・ギリアム監督『ラスベガスをやっつけろ』(98)、ラッセ・ハルストレム監督『サイダーハウス・ルール』(99)、カーティス・ハンソン監督『ワンダー・ボーイズ』(00)などで人気を博し、『スパイダーマン』(02、サム・ライミ)でスターに。『さらば、ベルリン』(06、スティーヴン・ソダーバーグ監督)の後、『マイ・ブラザー』(09、ジム・シェリダン監督)ではゴールデン・グローブ賞にノミネートされたほか、『華麗なるギャツビー』(12、バズ・ラーマン監督)など幅広い作品で活躍中。 製作進出は02年の『25時』(スパイク・リー監督)から。『ハングリー・ラビット』(11、ロジャー・ドナルドソン監督)、『ロック・オブ・エイジズ』(12、アダム・シャンクマン監督)、『パーフェクト・プラン』(13、ヘンリク・ルーベン・ゲンツ監督)、『完全なるチェックメイト』(15、エドワード・ズウィック監督)など、時に出演も兼ねながら数々の作品を世に送り出している。
 NYを拠点とするインディペンデント映画のプロデューサー。ゾベル監督作品は『コンプライアンス 服従の心理』に続いて2作目。12年にはインディペンデント・スピリット賞のピアジェ・プロデューサー賞を受賞、映画業界誌「Variety誌」の「注目すべき10人のプロデューサー」にも選ばれている。 その他のプロデュース作品に『テイク・シェルター』(12、ジェフ・ニコルズ監督/2011年サンダンス映画祭出品、カンヌ国際映画祭・批評家週間グランプリと国際映画批評家連盟賞を受賞、インディペンデント・スピリット賞4部門ノミネート)や、ピート・サトラー監督のデビュー作「レディ・ソルジャー」(14、ピーター・サットラー監督、クリスティン・スチュワート主演)がある。
 ロンドン生まれロンドン育ちで、南カリフォルニア大学で学ぶためにLAへ。オリジナル「Breaking at the Edge」(13)に続いて本作を脚色。ゾベル監督の目に留まって映画化に至った。
 映画音楽に携わる前から“エレファント6”のハウス・チェリストとして音楽界で知られていた。アニマル・コレクティヴらインディーズのバンドやノラ・ジョーンズ、セイント・ヴィンセントに曲を書き下ろしたほか、ブライト・アイズ、オブ・モントリオール、キャット・パワーら数々のアーティストと共演。リル・ウェイン、ナールズ・バークレイらのツアーにも参加している。 『コンプライアンス 服従の心理』では、不安を掻き立てるチェロの響きが絶賛され、アカデミー賞作曲賞のショートリスト入りを果たした。「Film Music Magazine誌」の「2012年最優秀曲」や「サイト&サウンド誌」の「映画音楽ベスト10」にも選ばれた。その他の作品に『ハネムーン』(14、リー・ジャニアク監督)など多数。
 1918年1月11日、ニューヨーク州ブルックリン生まれ。本名ロバート・レズリー・コンリー。「ナショナル・ジオグラフィック」の上級編集者兼ライターとして活躍後、1968年に「フリスビーおばさんとニムの家ねずみ」でニューベリー賞を受賞。1973年に死去後、妻のサリーと娘ジェインによって。1974年、本作の原作「死の影の谷間」を発表。1976年にエドガー・アラン・ポー賞(児童部門)を受賞。娘ジェイン・レズリー・コンリーも作家で、父ロバートの遺稿に手を加えて、「ラクソーとニムの家ねずみ」でデビューしている。
都道府県 劇場名 電話番号 公開日
北海道 ディノスシネマズ札幌劇場 011-221-3802 順次公開
宮城 フォーラム仙台 022-728-7866 順次公開
東京 新宿武蔵野館 03-3354-5670 6月23日
千葉 US千葉ニュータウン 0476-48-2126 6月23日
茨城 USシネマつくば 029-839-5255 6月23日
神奈川 シネマジャック&ベティ 045-243-9800 順次公開
愛知 シネマスコーレ 052-452-6036 順次公開
大阪 シネ・リーブル梅田 06-6440-5930 6月30日
京都 出町座 075-203-9862 順次公開
宮崎 宮崎キネマ館 0985-28-1162 順次公開
沖縄 ミハマ7プレックス 098-936-7600 順次公開