The Shipper
『私はヴァレンティナ』
公開中
OFFICIAL SITE

『私はヴァレンティナ』

偽りの数だけ涙がある。本当の想いの強さだけ鎧がある。 泣き方を忘れてしまった17歳の冬 ——。

LGBTQの権利保障に前向きに動き、同性婚も認められているブラジル。その一方、トランスジェンダーの中途退学率は82%、そして平均寿命は35歳と言われている。いまだ根強く残る差別による事件の数々。トランスジェンダーの少女が、ただ自分自身として学校生活を送りたいというごくシンプルな望みすら実現することの難しさをリアルに描き、自分の居場所を探し、あるがままでいることの力強さを描いた本作。

ヴァレンティナ役は自身もトランスジェンダーであり、著名なYouTuberでインスタグラマーとしても活躍中のティエッサ・ウィンバックが演じる。監督はショートショートフィルムフェスティバル&アジア2009でオーディエンス・アワードを受賞した『秘密の学校』(08)のカッシオ・ペレイラ・ドス・サントス。苦しい状況の中でも若いトランスジェンダーたちにとって希望のある物語を贈りたいという監督の想いから生まれた、未来に捧げる一作。

STORY

ブラジルの小さな街に引っ越してきた17歳のヴァレンティナ。彼女は出生届の名であるラウルではなく、通称名で学校に通う手続きのため蒸発した父を探している。未だ恋を知らないゲイのジュリオ、未婚の母のアマンダなど新しい友人や新生活にも慣れてきたが、自身がトランスジェンダーであることを伏せて暮らしていた。そんな中、参加した年越しパーティーで見知らぬ男性に襲われる事件が起きる。それをきっかけにSNSでのネットいじめや、匿名の脅迫、暴力沙汰など様々な危険が襲い掛かるのだった…。

『私はヴァレンティナ』

監督・脚本:カッシオ・ペレイラ・ドス・サントス
出演:ティエッサ・ウィンバック、グタ・ストレッサー、ロムロ・ブラガ、ロナルド・ボナフロ、
マリア・デ・マリア、ペドロ・ディニス

サン・パウロ国際映画祭2020   観客賞・審査員特別賞受賞
フェスティバル・ミックス・ブラジル2020  観客賞・審査員賞受賞
L.A.アウトフェスト2020  審査員賞受賞
シアトル国際映画祭2021  審査員特別賞受賞


配給:ハーク 配給協力:イーチタイム 後援:ブラジル大使館
【2020年/ブラジル映画/ポルトガル語/95分/スコープサイズ/カラー】